袴のマナーと着崩れ対策

袴のマナーと着崩れ対策

椅子に腰掛かる時

袴の後側を少し持ち上げて(袴の両脇から手を入れて後側を浮かせてもOK)、浅く腰掛けます。

  • 袴の背中側は帯結びの上にそわせているだけです。スカートのように座るたびに両手を腰にそわせると、袴が落ちてきやすいです。
  • もしずれてきても、お友達に帯結びの上にぐっと持ち上げてもらいましょう!

車に乗る時

まず荷物を置きます。
袴の後側を少し持ち上げて(袴の両脇から手を入れて後側を浮かせてもOK)、お尻、両袖を膝の上、お尻をくるっと回して足を最後に乗せます。 降りる時は、お尻をくるっと回して足から降ろして、ゆっくり腰を起こしましょう。

階段の昇り降り

袴の裾を踏んでしまいがちなので注意しましょう。
昇る時、袴の前側を少し持ち上げます(袴の両脇から手を入れて前側を浮かせてもOK)。
降りる時、袴の後側を少し持ち上げます(袴の両脇から手を入れて後側を浮かせてもOK)。

歩く時

やや内股気味にして、小さめの歩幅で背筋をピンと伸ばして歩きます。

落とした物を拾う時

地面や床につかないように袖を片手に持ち、袴を押さえて体を少し斜めにしてかがみましょう。

トイレで失敗しないために

袂(たもと)を帯と袴の間に挟みます(両袖をひとからげしてもOK)。

  • 洋式トイレがおすすめ!
  • 裾と袖を元に戻して、最後に袴の前後をチェック!
  • 手を洗う時に袖口を濡らさないように注意して!

ページ先頭に戻る